WEB予約

あなたの腎臓は大丈夫?

腎臓病の治療は早期発見・早期治療が大切です

血尿・蛋白病は
「腎臓」が原因かもしれません。

健康診断で「血尿」や「蛋白(たんぱく)尿」が出ていると
言われたことはありませんか?
その症状、腎臓が原因かもしれません。
腎臓の病気は経過が非常に長く、自覚症状が出にくい
ことが多いため、症状(だるさ・むくみ・吐き気・食欲低下・
息切れなど)が出たときには、透析を受けざるを得ない状態

なっていることがあります。 腎臓は一度機能が低下してしまう
と元に戻すことが難しい臓器です。
すなわち、腎臓病の治療は早期発見・早期治療が非常に重要
であると言えます。

「腎臓とは?」

構造

腎臓は背中側、腰のやや上あたりに左右ひとつずつある、
そら豆に似た形の臓器です。
腎臓には太い2本の血管がつながっていて、
心臓から送られる血液の4分の1が流れ込み、
生命維持や健康維持に大切な役割を果たしています。

役割

腎臓の役割は「尿をつくること」だけではありません。
血液や水分、ホルモンなどを通して、体内環境を全体に
わたって調整する重要な役割をしています

  • ①血液中の老廃物をろ過し、尿として排泄
  • ②体内の水分と電解質(ナトリウムなど)の調節
  • ③血液の酸性・アルカリ性の調節
  • ④血圧を調節するホルモン、赤血球をつくるホルモンの分泌

だるさ・むくみ・吐き気・食欲低下・息切れなどの
症状が出た時には
腎臓が悪くなっている可能性があります。

慢性腎臓病(CKD)にご注意!

新たな国民病「慢性腎臓病」

慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)は、糖尿病、
高血圧症、脂質異常症、メタボリックシンドローム、
慢性糸球体腎炎などに続いて発症することが多い病気です。
一定の症状が3ヶ月以上持続した場合に診断されます。
CKDになると、心臓病や脳卒中など心血管病発症のリスクが
高まると言われています。日本人の成人の8人に1人、
約1,330万人がCKD患者である(※)と推定されており、
新たな国民病ともいわれています。

(※)一般社団法人 日本腎臓学会
「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018」より

CKDの定義

①尿異常、画像診断、血液、病理で腎障害の存在が明らか。
特に 0.15 g/gCr 以上の蛋白尿(30 mg/gCr 以上のアルブ
ミン尿)の存在が重要
②GFR<60 mL/分/1.73 m2
①・②のいずれか、または両方が 3 カ月以上持続する状態

一般的には、腎機能の低下、あるいは
尿所見の異常が3か月以上続く方が
当てはまります。

CKDを放置すると心臓病や脳卒中のリスクが高まる上、
人工透析が必要になってしまうことがあります。

2018年時点での統計では、透析患者の原因疾患は糖尿病(糖尿病性腎症)が42.3%、
高血圧(腎硬化症)が15.6%、慢性糸球体腎炎が15.6%と、CKDの原因疾患が70%以上を占めています。

透析を導入する原因となった疾患の割合の推移

日本透析医学会 わが国の慢性透析療法の現況(2018 年 12 月 31 日現在) より引用

腎臓が悪くなると、厳しい食事制限、水分制限が必要になります。
さらに透析療法を始めると、時間的拘束(週3回、4~5時間)を避けられないため
QOL(Qualitiy of life = 生活の質)の低下に繋がります。

透析の原因疾患は、糖尿病・高血圧・慢性糸球体腎炎だけで
全体の70%以上!

糖尿病(糖尿病性腎症)

血液中の血糖値が高くなることで、尿に糖が混じります。通常自覚症状はないことが多いですが、血糖値が
かなり高くなると口渇・多飲・多尿といった典型的な症状が出てきます。血糖値が高い状況では糖化という
メカニズムにより動脈硬化や微小血管障害が少しずつ進行します。
糖尿病は“糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症”の三大合併症のほか、心筋梗塞、閉塞性動脈
硬化症、脳梗塞などの大血管障害のリスクの上昇、創傷治癒能力の低下、易感染性など生命活動に影響がある
疾患に罹患しやすくなります。食事療法と運動療法が基本になりますが、血糖値のコントロールが不十分で
あれば経口血糖降下薬やインスリン自己注射なども併用して治療します。

三大合併症

糖尿病性神経障害

比較的早い段階から認めることが多く、末梢神経障害による手足先端のしびれや感覚低下、
自律神経障害による便秘・立ちくらみ・胃もたれ・吐き気・勃起不全なども認めます。

糖尿病性網膜症

網膜の血管障害のため視力低下、最悪の場合は失明に至ることもあります。
定期的な眼科受診が必要です。

糖尿病性腎症

糖尿病性腎症は新規透析導入の約40%以上を占めます。
糖尿病の期間が長くなると、ごく微量のアルブミン尿が出現し、次第に蛋白尿が増え腎機能
障害やむくみを認めるようになります。
血糖コントロールが不十分だと尿蛋白が増加し、
腎機能が悪くなるスピードも早くなります。腎機能が悪化すると末期腎不全となり、
透析療法や腎移植などが必要となります。微量アルブミン尿の初期の段階であれば、しっかり
血糖管理、血圧管理をすることで改善を見込めるため、血糖値、尿検査、腎機能検査を定期的
に行い、糖尿病の早期の段階から治療することが望ましいです。

高血圧(腎硬化症)

高血圧症により腎臓の糸球体というざるの目のようなろ過装置が硬くなります。
腎臓は血圧調整に深く関わっており、腎機能が悪化すると血圧が高くなり、さらに腎機能が悪くなるという
悪循環に陥ります。食事療法・運動療法を土台とし、適切な薬物選択による血圧コントロールで腎機能の
悪化を防ぐ必要があります。糖尿病・脂質異常症・加齢などの要因もあり、高血圧が原因の新規透析導入は
近年増加傾向です。

慢性糸球体腎炎

腎臓の糸球体に慢性的な炎症が起こることで、血尿・蛋白尿を持続的に認める疾患です。微熱・倦怠感・むくみ
などの症状を認めることもありますが、ほとんどが無症状で健康診断などを契機に発見されることが多いです。
慢性糸球体腎炎の代表的なものとしてIgA腎症があります。日本国内ではIgA腎症の約70%が健康診断を契機
に発見されており、また10歳代と40歳代前半の2つのピークがあり、比較的若い方の病気です。
放置していると、腎代替療法(透析療法/腎移植)が必要な末期腎不全になるリスクが上昇します。
健康診断などで血尿・蛋白尿を指摘された際には、早めの受診をおすすめします。

慢性腎臓病(CKD)は他人事ではありません!

「まずは腎機能をチェック!」

調べ方

腎臓の働きを調べる「eGFR」を測定
しましょう

慢性腎臓病の診断に使われる推算糸球体濾過量(すいさん
しきゅうたいろかりょう:eGFR)を測定することで慢性
腎臓病の重症度を調べることができます。
慢性腎臓病は重症度に応じてステージ1(G1)から
ステージ5(G5)の段階に分けられ、eGFRの値が低いほど
腎臓の働きが悪いということになります。

クレアチニン値・年齢・性別の3項目で測定

クレアチニン値は健康診断でも測定することがあるので、健診結果を確認してみましょう。
健康診断によっては血清クレアチニン値を測定していない場合がありますので、
その場合は医療機関で調べてもらいましょう。

腎機能チェックページはコチラから

結果の見方

慢性腎臓病で腎機能が低下すると、その先に待っているのは人工透析です。
週3回、一回4~5時間の透析療法をする生活を一生続けなければなりません。
早めに受診して適切な検査・治療を行うことで末期腎不全への進行を遅らせ、
心臓病や脳卒中になるリスクを下げられると考えられます。

一般社団法人 日本腎臓学会HPより引用

慢性腎臓病(CKD)の治療

治療の目的は進行の抑制です。

CKDの治療の目的は、腎機能の悪化を予防し、末期腎不全(腎臓がほとんど働かない状態)に
進行することを阻止または遅らせることにあります。
治療介入が遅れるほど末期腎不全に至るケースが多くなり、透析療法が必要になります。
早期発見・早期治療介入を心がけましょう!

専門医による治療介入で進行を抑制することができます。

血圧コントロール

血圧管理は年齢や病態にもよりますが一般的には130/80 mmHg
未満を目標とします。生活習慣の改善指導が基本になりますが、
コントロールが不十分であれば薬物療法を併用します。

血糖コントロール

合併症予防のための目標値はHbA1c7.0%未満です。
生活習慣の改善指導が基本になりますが、コントロールが不十分
であれば経口血糖降下薬やインスリン自己注射なども併用します。

食事療法

まずは減塩を心がけましょう。症状によって食塩摂取量の目標
は異なります。重症の場合は塩分のほか、たんぱく質の摂取制
限も行います。ご希望の場合は提携病院にて管理栄養士の指導
を受けることも可能です。

運動療法

定期的に適度な有酸素運動を続けることが大切です。症状に
よっては過度の運動が逆効果になってしまいますので医師と
相談しながら、自分に適した運動を行うようにしましょう。

慢性腎臓病(CKD)は
早期発見・早期介入が重要です。
早めに専門医に相談しましょう。

アクセス

きたはらやまクリニック地図

〒488-0062 尾張旭市北原山町平池浦1856-1

名鉄瀬戸線 「尾張旭駅」より徒歩15分、または「三郷駅」より徒歩15分
お車でお越しの方「駐車場16台」あり

きたはらやまクリニックをgoogle mapで見る

きたはらやまクリニック

きたはらやまクリニック診療時間表

お問い合わせ 0561-54-1700

WEB予約する

当院では予約診療制を取り入れています。お電話のほかPC・スマートフォンからもご予約いただけます。